ハゲVSデブ

個人的にはハゲとかデブとか言う表現は全くもって使いたくないのですが、

僕が元ハゲでデブだったので使わせていただきます。

ハゲとデブ、どちらかにならなければいけないと神様に言われたとき、、、

あなたはどちらを選びますか?

これには明確な正解があります。

どちらを選べば得なのかが決まっているのです。

答えは、、、

デブです。

なぜなら、デブは努力で克服することが出来るからです。

なんならデブは自分のせいでデブなのです。

一方ハゲは、、、しょうがない事柄ばかりです。

もちろん、髪に悪いことを長年やってしまいハゲになる可能性はありますが、それをやっていてもハゲていない人は大勢います。

例えば、タバコをずっと吸い続けているのに髪がフサフサな人とか、ラーメンばっかり食べているのにとか、カラーしまくっているのにとか。。。

ハゲは自分のせいではない可能性の方が高いと僕は思います。

それなのに、

世間はデブよりハゲを嫌がります。

デブはそこそこイジられる、ハゲはめっちゃイジられます。

なぜだ。。。。

デブの方が自己管理能力が明らかに低いのに。

しまいには、デブにハゲいじりされる始末。

おかしいだろ!

僕は、ハゲ度は10段階中9くらい、デブ度は10段階中6くらいでした。

昔は筋トレなどで引き締まっていたのですが、ハゲが確定してからは太る一方。

どうせハゲてるんだからと、自信喪失。

昔はそこそこモテていたのに、ハゲが確定してからお笑い芸人的な存在に。

まあそのおかげでお笑いの腕は上がった気がするが。。。

世の中間違っていると思うが、悲しくともこれが現実。

もっとハゲに優しい世界を作りなさいよ。

だってしょうがないんだから。

勲章的な感じでさ。

僕は治療薬でハゲを治したのだが、その後3ヵ月でデブも治しました。

髪が生えたら最強で、デブを治すのなんか超簡単でした。

ずっと努力すれば必ず結果が出るのがわかっているんだから。

勝ちゲームなんだから。

ハゲは、勝つか負けるかわからない育毛ゲームをひたすらやるんだから今考えたら恐ろしさしかない。

ただ、治療薬だけは負けることはない結果が出るので絶対おすすめ。

一刻も早くハゲを治したい人はすぐにでも始めた方がいい。

僕も髪が生えた時は、何でもっと早くやらなかったのだろうと思ったのが最初の感想だ。

今まで悩み続けていた12年間が、たったの3ヵ月でその悩みから解放されたのだから。

結果何が言いたいかというと、、、

ハゲよりデブの方が下だよ!ってこと!!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次